スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<火災>車全焼、乳児やけど 千葉・船橋(毎日新聞)

 23日午後8時55分ごろ、千葉県船橋市二和東6のアパートに住む主婦、佐藤理奈さん(27)から「駐車場に止めた車が燃えている」と110番があった。約20分後に鎮火したが車は全焼し、助手席にいた長男龍惺(りゅうせい)ちゃん(生後2カ月)が顔にやけどを負った。

 県警船橋東署によると、佐藤さんは同8時40分ごろ、龍惺ちゃん、長女(6)、次女(5)と車で帰宅。部屋を暖めるため3人を車に残し、先にアパート1階の自室に入った。約10分後、次女が「車が燃えている」と知らせたため、車に戻って龍惺ちゃんを助け出したという。後部座席から溶けたライターが2個見つかった。同署は詳しい出火原因を調べている。【味澤由妃】

【関連ニュース】
火災:2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立
京急線:生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も
成田貨物機炎上:機首下げる操作 運輸安全委が報告書
火災:鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡
ライター火災:回収を検討 福島担当相

雑記帳 再活用目指して「廃校全国サミット」 秋田(毎日新聞)
高速料金 制度再検討 値上げ幅の抑制が焦点に(毎日新聞)
5月決着向け協力要請=鳩山首相、米大統領に-党首討論(時事通信)
還付金詐欺グループ3人を逮捕 被害額7000万円か(産経新聞)
「美しい地球、誇りに」=山崎さん、歓迎式典に-歓声と拍手に包まれ(時事通信)

投票率1けた、総務省「聞いたことがない」(読売新聞)

 18日に投開票の広島県東広島市議補選(欠員1)で、投票率は8・82%と極めて低かったことがわかった。

 総務省は、統一地方選以外の市町村議選の記録は残していないものの、1けた台の投票率について「聞いたことがない」としている。

 市議補選は現職の死去に伴い、市長選と同時に11日に告示され、無所属新人の2人が争った。当日有権者13万8341人のうち、投票したのは1万2204人だった。市長選が11日に現職の無投票当選で終わり、市選管は、補選に有権者の関心が集まらなかったことが要因とみている。

 これまでの同市での選挙では、過去最低の投票率は1993年の参院広島選挙区補選の23・5%だった。

<チューリップ>春の香、満喫 三重・桑名(毎日新聞)
事業仕分け「落ち着いて臨む」=経産次官(時事通信)
エア・ドゥ機、羽田に引き返し緊急着陸(読売新聞)
日航、全日空3便引き返し=アイスランドの火山噴火で-成田空港(時事通信)
「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す-長女優希ちゃん(時事通信)

武田薬品、新製品5品目の承認を取得(医療介護CBニュース)

 武田薬品工業は4月16日、2型糖尿病治療剤2品目、高血圧症治療剤、不眠症治療剤、抗がん剤各1品目の計5品目の製造販売承認を取得したと発表した。

 2型糖尿病治療剤は「ネシーナ錠」と「メタクト配合錠」。ネシーナ錠は、万有製薬/小野薬品工業のジャヌビア錠/グラクティブ錠、ノバルティスファーマのエクア錠(同日発売)に続く3番目のDPP-4阻害剤。一方、メタクト配合錠は、武田薬品のインスリン抵抗性改善剤アクトス錠とメトホルミンの合剤で、2型糖尿病治療剤として日本初の配合剤という。

 高血圧症治療剤「ユニシア配合錠」は、武田薬品のアンジオテンシン2受容体拮抗剤(ARB)ブロプレス錠とアムロジピンの配合剤。共に同日付で発売されたノバルティスファーマのエックスフォージ配合錠(ディオバン錠とアムロジピン)、第一三共のレザルタス配合錠(オルメテック錠とカルブロック錠)に続く3番目のARBとカルシウム(Ca)拮抗剤の配合剤。

 不眠症治療剤「ロゼレム錠」は、既存薬とは作用メカニズムが異なる「メラトニン受容体作動薬」。抗がん剤(大腸がん)「ベクティビックス点滴静注」は、同じ作用メカニズムのメルクセローノのアービタックス注射液と比較して、▽ヒト型抗体▽初回と2回目以降の投与量に変更がなく、かつ2週間に1回投与▽抗ヒスタミン剤の前投薬など投与前の処置が不要―の3点で異なるという。

■ノバルティスは3品目発売

 ノバルティスファーマは同日、エクア錠、エックスフォージ配合錠、抗がん剤のアフィニトール錠を発売したと発表した。アフィニトール錠は、ファイザーのスーテントカプセルまたはバイエル薬品のネクサバール錠などのチロシンキナーゼ阻害剤投与後に疾患が進行した転移性腎細胞がん患者に対する有効性が、フェーズ3大規模臨床試験で確認された唯一の薬剤という。


【関連記事】
武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定
降圧配合剤レザルタス、売り上げ目標500億円―第一三共
インクレチン関連の2型糖尿病治療薬が続々と承認へ

<山林白骨遺体>00年不明の男性と判明 岐阜(毎日新聞)
民主、ネット選挙解禁へ素案=自民も要綱、今夏適用は不透明(時事通信)
対馬軍事化時代の証し、戦時中の陸軍標石確認(読売新聞)
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳(産経新聞)
無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に-報酬も同時期倍増・東京(時事通信)

<東京スカイツリー>全盲の歌手が「音頭」歌う がんと闘い(毎日新聞)

 東京タワーを抜き、日本一の高さになった新タワー「東京スカイツリー」(東京都墨田区、完成時634メートル)の近くに住む全盲のアマチュア歌手、熊谷喜美子さん(68)が、新タワーにちなむ音頭を歌い、福祉施設を回る活動を続けている。がん闘病中の熊谷さんは「タワーは見えないけど、空に伸びゆく想像の姿に元気をもらっています」と話し、音頭で新名所を盛り上げようと意気込んでいる。

 熊谷さんは富山県出身だが、墨田区に45年間住み続けている。40代で交通事故に遭い、視力を失った。6年ほど前には皮膚がんが分かり、治療を続けている。

 スカイツリーの建設場所が墨田区に決まった06年ごろ、同区出身の声楽家、加島達也さんが作曲し、加島さんの教え子の水野省吾さんが作詞した「東京スカイツリー墨田の華音頭」を老人ホームやデイサービスセンターなどで歌う活動を始めた。音頭は「空に634(むさし)m(メートル)」「東京スカイツリー世界に誇るものとなる」という歌詞にテンポの良い曲がついている。

 中学、高校と合唱部で活動した熊谷さんは、歌うことの魅力が忘れられず、子育てが一段落した後、加島さんのもとで指導を受けてきた。明るく優しい声が持ち味だ。施設で音頭を披露すると、「一緒に歌いたい」と入所者に言われたこともあるという。非売品だが、CDも製作した。

 長女歌代(かよ)さんが07年10月、がんのため36歳の若さで亡くなり、「もう楽しい歌は歌えない」と思ったこともあったという。だが、歌代さんが生前言った「母さんが歌が好きなら、生きてる限り歌い続けてみたら」という言葉を胸に活動を続けている。

 近所の人が「鉛筆みたいな形よ」「マンションの高さを追い越したの」とスカイツリーの成長ぶりを教えてくれる。それを頼りに、熊谷さんは姿を想像する。そして「歌手として、私ももっと成長できるはず」と自分を勇気づける。

 スカイツリーの完成は11年末の予定だ。【山田奈緒】

【関連ニュース】
花見:スカイツリーの下で 東京の新名所に
東京スカイツリー:東京タワー抜く 高さ338メートルに
東武ワールドスクウェア:ミニでものっぽ「スカイツリー」
余録:スカイツリー人気
東京スカイツリー:高さ半分 はや観光名所

地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発(産経新聞)
法相、社団法人調査を指示 無利子融資問題で(産経新聞)
真央・ヨナの靴調整の男性「リンクが解雇権乱用」(読売新聞)
女優の三原じゅん子さん、自民が参院選擁立へ(読売新聞)
「ひょっこりひょうたん島」の井上ひさしさん死去(産経新聞)

<中国帰国者>支援者と「最後の花見会」 市民団体の解散で(毎日新聞)

 中国残留孤児らと交流する市民団体「中国帰国者定着促進友の会」が2日、帰国者約40人のために「最後の花見会」を、埼玉県所沢市の中国帰国者定着促進センターで開いた。友の会は、帰国者の減少とボランティアの高齢化で活動が難しくなり25周年の今年で解散する。清水滋雄会長(62)は「最後の一人が帰国するまで続けたかったので残念です」と話す。【内田達也】

 花見にはあいにくの雨模様の中、会員約100人が参加。大教室の窓越しに満開の桜を楽しんだ。大連市から2月に帰国した山口勝利さん(64)は「きれいだ」と一言日本語で言った後、中国語で「中国では花見の習慣がないので、とても楽しい。日本に帰ってきたことを実感します」と話した。

 所沢市には84年、国内で初めて国の外郭団体が運営する同センターができた。中国とロシア・サハリン(樺太)からの帰国者や家族が半年間、日本語や習慣を学んできた。友の会は翌85年に発足、日本語学習を手伝ったり、花見会や盆踊りなどで草の根交流を続け、6500人以上の帰国者と親しんだ。

 「残留孤児はとても人ごととは思えなかった」と話すのは、結成時から活動する事務局長の木村孝さん(83)。旧満州(現中国東北部)生まれでソ連軍侵攻の混乱や中国の国共内戦に巻き込まれるなど苦難の末、終戦翌年の46年11月に引き揚げた。

 会員はピークの80年代半ばで1000人以上いたが、現在は214人。旧満州体験者の多くは他界し、厚生省(当時)が81年に始めた肉親捜しも、今となっては若者らの関心は薄く新入会員も減った。今センターにいる帰国者43人が研修を終える7月に、会も解散する予定だ。

 清水会長は、「今後は各地の市民団体や地域社会が、帰国者と交流してほしい」と話した。

【関連ニュース】
文学・評論 『「孫玉福(スン・ユイフー)」39年目の真実…』=城戸幹・著
公開対談:伊勢崎賢治教授と城戸久枝氏が「戦争と子ども」テーマに
尼崎日本語教室:中国残留孤児、短歌も交え成果発表 /兵庫
吉川英治文化賞:鎌倉の元記者・菅原さん受賞 残留孤児尊厳に尽力 /神奈川
宇治市立南宇治中学日本語教室担当教員・藤田陽子さん /京都

岩場の迫力体感 三宮に西日本最大級のクライミングジム(産経新聞)
「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加-大阪府議会(時事通信)
混沌の時代が求める快男児 4日、「龍馬の世界」スタート(産経新聞)
<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
ホワイトビーチ案「本命」…沖縄知事に官房長官(読売新聞)
プロフィール

はまりょう

Author:はまりょう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。